気管支炎の症状の咳は夜に悪化するのはなぜ?

 

気管支炎の症状が日中より夜のほうが悪化するという事はありませんか?

夜になると咳が出てきて息苦しくて寝ずらい。

それは決して珍しい事ではありません。

なぜ、夜になると悪化するのか、その仕組みと対処法について説明します。

気管支炎の症状が夜悪化する理由

・気温の変化で気管がせまくなるから

温度が下がると気管が収縮するため空気の出入りがしにくくなって呼吸がしにくくなったり、咳が出やすくなったりします。夜間、寝ている間などに温度が急激に下がる事で咳が出て目が覚めてしまう事もあります。

咳

画像引用:allabout.co.jp

・自律神経の作用で気管に変化が起こる

夜は副交感神経が優位に働き、気管が収縮します。結果、空気が出入りしにくくなり咳が呼吸困難が起こりやすくなります。

・仰向けに寝ると苦しくなる

気管が圧迫され息苦しくなったり、副鼻腔炎などの症状が原因の気管支炎の場合は鼻から分泌物がのどへと降りてきて刺激となり咳が出ます。

・布団についたホコリやダニによるアレルギー

気管支炎の原因の一つにアレルギーが原因で気管支炎を起こす事が考えられます。

 

夜のツライ咳を楽にするオススメの方法 

・気温を下げない

夜間急に咳が出る場合は、気温の変化が原因である可能性があります。冷暖房などを活用して夜間に室温が下がらないよう調節してみて下さい。

・加湿をする

加湿器や蒸しタオル等を使い、加湿することで喉がうるおい咳が出にくくなります。蒸しタオルや濡らしたタオルが口元に置いたり、マスク自体を濡らして着用してみても効果があります。ただし冬場は気温が下がり冷たくなってしまうので注意してください。

・寝る時の姿勢を変えてみる

仰向けに寝ると、咳や呼吸困難になる人が多いようです。横向きに寝たり、それでも改善されない場合は背中を丸めるとマシになったりするようです。

・寝具を清潔に保つ

ホコリやダニを減らすため、まめに洗濯をして常に清潔に保つことでアレルギーのリスクを軽減することができます。

・暖かいものを飲んで寝る

暖かいものを飲む事で喉周辺の筋肉がゆるみ咳が出にくくなります。

http://okguide.okwave.jp/guides/59703

カモミールにはリラックス効果もあり寝る前におすすめです、

・ツボを押す

咳止めに有効的とされているツボを押す事で症状を和らげることが期待できます。

http://www.tubodesu.com/trachea08+index.id+1.htm

まとめ

夜間に気管支炎の症状が悪化する理由

・夜間に室温が低下し体温が下がり気管が収縮するから

・副交感神経が優位に働き気管が収縮する

・仰向けに寝ると気管が圧迫され咳や息苦しさの症状が出る

・寝具についたホコリやダニでアレルギー反応を起こす

夜間の咳におすすめの対処法

・気温や湿度の空調に気を付ける

・横向けに寝たり、背中をまるめて寝る

・寝具を清潔に保つ

・暖かい飲み物を飲んで寝る

・咳止めのツボを押す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です