胃腸炎のいい食事!じゃがいも料理の効能とメニューを紹介!

 

この時期になってきますと、風邪と胃腸炎の話題がTVでも取り上げられます。時には集団食中毒の話題もあったり、感染性胃腸炎のニュースもあったりします。

日頃から胃腸の弱い人は特に気を付けておきたい季節でもあると思います。そんなあなたにおすすめ食座いは「じゃがいも」です。

じゃがいもはスーパー食品です。まず消化に良いこと、でんぷん質を豊富に取れること、

カリウムが豊富で水溶性食物繊維のペクチン、ビタミンCも豊富で、イライラ感や精神的ストレスにも有効なのです。

胃腸炎にはジャガイモがおすすめ

胃腸炎に効くオススメのじゃがいも料理!①

生姜と長ネギ入りのクリームシチュー

ジャガイモシチュー 

参考レシピ http://cookpad.com/recipe/742377

いつものシチューと一味違って、もっと身体があたたまります。

面倒くさいときはチューブ入りの生姜でも十分OK!

 

材料 (おおよそ4人分)

生姜/大1かけ 長ネギ/2本 ジャガイモ/4個 鶏ひき肉/150g

黒コショウ/お好みで 塩/少々 バター/15g サラダ油/大さじ1

シチューミックス/適宜 水/適宜 牛乳/適宜

1:ジャガイモは1口大に切って。

長ネギは1センチくらい切る。

生姜は皮のまま千切りする(できるだけ細めに)

 

2:温めた鍋にバターとサラダ油を溶かす。

 

3:ジャガイモ、塩を加えた鶏ひき肉を炒めたら水を入れる

 

4:アク取りが終わったら生姜を入れ、シチューミックスを入れて溶かし

牛乳を入れる(好みにより、生クリームでも可)

 

食べる前に、長ネギを加える。また好みによって胡椒など入れても可。

 

普段のシチューというと生姜やネギなどは入れる方が少ないと思いますが、意外に良い

味になります。また生姜やネギは身体を温める作用もありますので、おすすめです。

作る際にはアクが出ますので、アク取りを必ずしましょう。

胃腸炎に効くオススメのじゃがいも料理!②

ジャガイモ入りネギスープ

 ジャガイモスープ

参考レシピ http://cookpad.com/recipe/3066198

短時間でできるので、早く食べさせたい時におすすめですよ!

椎茸がないときは入れなくてもいいですし、椎茸以外のキノコ類でもOK!

 

材料 (2~5人前)

長ネギ/3本 じゃがいも/1個 鶏肉(胸肉でもモモ肉でもOK)100g

にんにく/1/2片 椎茸/4個 コンソメ(固形)/3個

水600~700ml 塩・コショウ/お好みで

 

1:ネギは小口切り、じゃがいも&椎茸は薄く、鶏肉はコマ切れにして食べやすく切る。

 

21の材料を鍋に、少し油を入れて潰したニンニクと細切れにした鶏肉をニンニクの香りがするまで炒め、ネギをその後に入れ、全体に火が通って柔らかくなってきたら、じゃがいもと椎茸を加えて更に炒める。

 

4水とコンソメを入れたら5~10分煮込む。

 

※あたたかいうちにサっと食べましょう。

塩・胡椒は好みですので、食べるときにササっと振るのがおすすめです。

まとめ

ジャガイモは万能野菜ですので、和風も洋風もいけます。胃腸炎など身体が弱っているときは最適な食材なので、どんどん使って元気になりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です