胃腸炎の食事!治りかけに効くメニュー!

胃腸炎が治りかけてきた。かかり始めのころよりたいぶ楽になってきたし、食欲も少し出てきたけど、何を食べるといいのだろう。発症から数日たって、まだ痛みや下痢や軽い吐き気等がある状態の方にお勧めしたいレシピを紹介していきたいと思います。

この時期は、胃を休めながらも栄養をとり体力を回復していきたいですね。なので、消化に良く、栄養バランスのとれた食事をとることが好ましいといえます。

治りかけのお腹にやさしいメニュー

胃腸をサポートをするアイテム

一つ家にあると安心できる胃腸薬

ビジネスマンと書かれていますが、胃腸が弱い方全般に役に立つ本です。

 

胃腸炎の治りかけにオススメのメニュー!

・白菜と卵のスープ

misosiru-

http://cookpad.com/recipe/2045810

白菜に含まれるビタミン、卵に含まれるたんぱく質をバランス良くとれ、身体も温まるレシピです。お好みで、お野菜を追加したり、身体の調子がよければ鶏ササミやベーコンを入れてもいいと思います。

・かぶのスープ

味噌汁2

http://cookpad.com/recipe/2310783

身体がとても温まるレシピです。こちらもお好みでお野菜を加えるなどアレンジができます。スープは食べると同時に水分も補給できるので、下痢などで水分不足な時にも効果が高いです。

・にゅうめん

にゅうめん

http://cookpad.com/recipe/2622521

にゅうめんは作るのが簡単で、胃に優しく身体も温まります。鶏肉、椎茸、カマボコ、三つ葉など、色々な食材に合います。

・鯛の潮汁煮

タイ

http://cookpad.com/recipe/3473036

鯛は脂肪分が少なく胃腸に優しい魚です。同時に野菜がとれるレシピで、栄養バランスのとれたレシピです。

・丸鶏とろろスープ丼

706902

http://park.ajinomoto.co.jp/recipe/card/706902

消化に良い長いもとろろを使用した丼ものです。

水炊きなどの鍋や、野菜スープなどビタミン、タンパク質などの栄養バランスがしっかりとれるものを食べて体力をつけて早く胃腸炎を治しましょう。

 

胃腸炎の治りかけにオススメのメニュー!

つづいて食材編です。主な治りかけの時に良い食材と良くない食材を記載しておきますね。

  1. ・良い食材はコチラ!
  2. 白身の魚
  3. 鶏肉ササミ
  4. リンゴ、バナナ、桃
  5. 豆腐
  6. 大根、白菜、とうがん、小松菜、レタス、キャベツ

 

・良くない食材はコチラ!

  1. 赤身で脂身の多い魚
  2. 豚肉、牛肉
  3. みかん、柑橘類
  4. 大豆
  5. ゴボウ、ピーマン、こんにゃく

まとめ

治りかけになってきたら、水分や野菜や炭水化物だけでなくタンパク質や鉄分などバランス良く食べていく事が大事になってきます。しかしながら、たくさんの食材の中から神経質になって料理をするのも少し窮屈な感じがします。

食べたいものを食べたいでしょうし、最後に、胃腸炎が治りかけの時に食べるべきものとそうでないものの判断基準についてお話しします。

・お肉を食べたければ鶏肉

ほとんどよくなってきたからがっつり食べたいという人は

親子丼がおススメです。食材の鶏肉、卵、ごはん、三つ葉などは胃腸にやさしいものが多いのです。

・お魚は白身魚

赤身魚は白身魚に比べ脂肪分が多いため、胃腸炎の時は白身魚が推奨されています。

・果物はすっぱくないもの

柑橘類は胃腸に刺激を与えてしまいます。

・食感が柔らかいもの

かたいものは消火に時間がかかり負担を与えてしまいます。スープやお鍋など身体も温まり、食材もやわらかいメニューがおすすめです。

・コーヒー、キムチ、砂糖など

辛かったり、カフェインが入ってたり胃腸に刺激となるもの、糖分は多いものは控えましょう。

・玄米より白米、お粥などやらかくして食べる

お粥、雑炊などにすれば消化しやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です