ストレスによる胃腸炎!仕事を休む期間はどれくらい?

 

胃腸炎になってしまって辛いけれど、仕事が忙しくて休めないという人は多いのではないでしょうか?しかし無理に仕事をしては効率が下がってしまったり、胃腸炎の長期化につながってしまいます。

では、ストレスによる胃腸炎の場合、どのように仕事を休んだら良いのでしょうか?

ストレス性胃腸炎と仕事のつきあい方

どれくらいの期間休むのが一般的?

一般的には強い吐き気や下痢などの症状は1日~2日くらい治まる場合がほとんどです。ストレスが原因の胃腸炎の場合、ウイルス性などと違って他の人に感染する事は無いので、症状が落ち着いていれば出勤には支障がありません。

kansensyo-624x406

画像引用:1noce.com

会社に上手く休む理由を伝えるポイント

正直に「吐き気がひどくて」「腹痛で」「病院で検査を受けてくるので」など、自分の症状を伝えましょう。休暇を申請するときには細かく症状を伝えなくても大丈夫ですが、病院で検査を受けた場合は夕方や翌日出勤した時などに結果を報告すると良いでしょう。

当日の朝に伝える場合には、始業時間ギリギリだと寝坊や仮病を疑われてしまう場合がありますので、余裕を持って早めに報告するようにしましょう。また、病院の領収書など治療を受けた証拠を提出することで、有給休暇では無く病気休暇の取得が出来る場合もありますので、確認すると良いかもしれません。

仕事に復帰して注意すること!

とにかく無理をしないことが一番大切です。集中力を高めようとコーヒーや栄養ドリンクなどを飲むのは、胃に負担がかかって症状が再発する場合がありますので控えましょう。また、仕事がたまっているからといって、いきなり残業するのも不規則な生活の原因になるので、可能であればしばらく控えた方が良いでしょう。

まとめ

ストレスによる胃腸炎の場合、激しい症状が出にくいので周りに自分の辛さがが伝わりにくく、本当に体調が悪いということを理解されづらい場合が多いようです。しかし、本当に仕事が出来ないくらい辛い場合は思い切って休暇を取るようにしましょう。

ストレスによる胃腸炎になってしまう人は責任感が強いので、仕事を休むのは気が引ける、と周りに気を使って休暇を取らないで頑張ろうとする人も少なくありませんが、胃腸炎が悪化してさらに大きな迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。無理をしないで休むというのも、立派な選択肢だということを忘れないでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です