audibleで聞いたらお得だよ!Febeと被っている人気タイトル7選

 

こんにちは!ヒロ彦です。この記事ではaudibleをお得に使うために、
febeと被っているタイトルを厳選してご紹介しています。

オーディオブックはFebeとaudibleの2大サービスがありますが、
Febeは1冊買い切り制、audibleは月額1500円で聴き放題と料金体系に違いがあります。

オーディオブック - FeBe

オーディオブック – FeBe
開発元:OTOBANK Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

Audible (オーディブル) - 本を聴こう

Audible (オーディブル) – 本を聴こう
開発元:Audible, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

 

オーディオブックをフルに活用しようと思ったら、Febeで人気タイトルをききつつ
audibleで乱読するスタイルがオススメなんですが、一つ注意点を知っておきましょう。

それはaudibleで配信されているオーディオブックを、Febeで買ってしまうこと。

しまったー!コレaudibleでも置いてるじゃんか!

ってとき、ありませんか?

せっかく定額内できけたのに、1冊分損してしまうわけです。
僕も、有名どこの本を被って買ってしまって失敗してしまいました。

ちなみにこれ防ぐには、先にaudibleで調べてなければFebeで買うようにすれば対策できます。
今回はこれ以上失敗しないため、
ベストセラーのみで絞ってFebeとaudibleで被っている本を調べて、
人気のタイトル7つに絞ってご紹介します。

これで、被って買って損するヒトが1人でも減ることを祈る!

audibleで聞いた方がお得だよ!Febeと被っている人気タイトルたちオススメ7選

自分を操る超集中力

 

 

自分が何者かになりたければ、自分と向き合って、集中する必要があります。
目の前の問題を一つずつ解決していくことが、自分の人生を変えることにつながりますから。

メンタリストDaiGOさんは、エビデンスと自分の体験で、人生を変えるためのポイントを教えてくれます。
DaiGOさんの文章って、軽快でいて自分で実践しているから説得力があるんですよね。

人を操る禁断の文章術

こちらもDaiGOさんの本。ダイゴ本にはどれもはずれがない!
文章を普段から書かれる方は必読の書。

心理学を背景に、ヒトの心を動かす7つのポイントが解説されています。
文章の専門家やブロガーが書いた本はあれど、心理学の専門家が文章について語るのは稀有なパターンです。
アフィリエイターから、女の子へのLINE、仕事まで生きてくる知識なので一度文章の勉強をするのはオススメです。

7つの習慣

20年前から読まれ続けている、古典名作の成功法を書かれた本もaudibleにあります。
Febeとは違って、7つの習慣をそれぞれ分割している違いがあります。

人を動かす方法

おそらく聖書などを除けば、世界ではじめて体系的に書かれた自己啓発本の最古典。
世界で1500万部以上読まれており、一度は読みたい名著です。
1937年発売ですので、例え話が古くてイメージが追いつかない場所もありますが、
当時の雰囲気が伝わってくるのでコレはコレであり。
聞き終わったら、ヒトに優しくなれます。

話し方入門

同じくデール・カーネギ著の人を動かす方法の続編。
プレゼンテーションや人間関係構築について具体的な提案をしています。

火花

説明不要。
又吉先生となる2015年に飛ぶ鳥落とす勢いで売れた200万部の大ベストセラー。

スクラップ・アンド・ビルド

羽田圭介さんの153回芥川賞受賞作品。

世界一受けたいお金の授業

 

世界一と書かれているだけであって、わかりやすい経済本。
繰り返し読んで、お金につよい体質を作りたい。

まとめ

オーディオブック - FeBe

オーディオブック – FeBe
開発元:OTOBANK Inc.
無料
posted with アプリーチ

Febeで配信されている本で3年前以上の本は、audibleで配信されていることが少なからずあります。
audibleを利用して定額で視聴可能なら、買い切り型のFebeで被っている作品を買ってしまうのは、
とってももったいないです。
まずはaudibleで検索して、febeで買う癖をつけると罠にハマらないくなるので、習慣づけをオススメします。

 

Audible (オーディブル) - 本を聴こう

Audible (オーディブル) – 本を聴こう
開発元:Audible, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です