喉の痛みの治し方!マスクの正しい使い方は?

 

あなたは、空気が乾燥する季節になると朝起きた時に「喉が痛くてツライ…」という経験をしたことがありませんか?

それは、夜寝ている間に喉の粘膜が乾燥して痛めてしまっているからなのです。

最近では、そうした喉の乾燥を防ぐためにマスクをして寝ている人が多くいます。

マスクをして寝ると、夜寝ている間に心配される喉の乾燥を防ぐことができるのでとても良いのですが、正しい使い方で使用しないと逆効果となることもあります。

喉の痛みを早く治すためには、どのようなマスクの使い方をすればよいのでしょうか?

ここでは、喉の痛みや乾燥を治す正しいマスクの使い方をお教えします。

なぜマスクをすると喉の痛みが治るのか?

人が寝ている時、体温調節の機能により体内の水分量が減っており、喉が乾燥しやすい状態になっています。

乾燥した喉というのは、細菌やウイルスが繁殖しやすい環境であり、そのため

寝ている間に喉が炎症を起こして痛みを発するようになるのです。

WomanExcite_E1430196880106_1

画像引用:www.excite.co.jp

また、最近は花粉症やそのほかのアレルギーなどで鼻炎を持っている人が増えており、寝ている間に鼻が詰まって口呼吸になっている人も多いと言われています。

寝ている時に口呼吸になると、より喉が乾燥しやすくなり喉を痛めてしまいます。

そうしたことをできるだけ避けるために有効なのが「マスクの着用」です。

マスクをすると口が保護されるので外からの細菌やウイルスの侵入を防いでくれるとともに、乾燥から喉を守り保湿してくれます。

ですから、マスクは喉の痛みを治すことにも有効に働いてくれるのです。

マスクの正しい使い方

では、喉の乾燥を防いで痛みを治してくれるマスクの正しい使い方とは、どのようなものでしょうか?

 

  • マスクは鼻を出して着用する

昼間使用する時には、外からの細菌やウイルスの侵入を防ぐためにマスクは鼻までしっかり覆って着用するべきですが、就寝時に使用するマスクは鼻を出して着用するようにしましょう。

マスクで鼻まで覆ってしまうとかえって呼吸を妨げて口呼吸になってしまいがちになり、喉を痛めてしまいます。

ですから、しっかりした鼻呼吸を促すためにもマスクは鼻を出して使用するようにしましょう。

 

  • マスクはガーゼマスクがオススメ!

マスクと言えば、市販で手軽に購入できる不織布の使い捨てマスクを着用している人が一般的ですが、夜寝る時に使うマスクとしてはあまりオススメできません。

不織布のマスクは化学繊維が使われていることが多く、肌への刺激が強いのでニキビや吹き出物ができやすくなってしまうのです。

ですから、特に寝ている間に使うマスクはガーゼマスクがオススメです。

ガーゼは肌にも優しく保湿性が高い繊維なので、夜寝ている間に使うマスクとして大変オススメです。

ガーゼマスクを水で濡らして絞ると、最近流行りの「濡れマスク」として使うことができますから、一つ持っておくと大変重宝するのではないでしょうか。

この機会に、ぜひガーゼマスクを使ってみてくださいね。

まとめ

このように、マスクを正しく使っていくことで喉の乾燥を防ぎ、喉の痛みを治していくことができるのです。

マスクの使い方が間違っていると、せっかくマスクを使っても良い効果を得ることができません。

ですから、こちらを参考にして正しくマスクを使って喉の痛みをしっかり治していってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です