妊娠中のツライ便秘・腹痛!7つの解消法を紹介!

 

妊娠前は便秘じゃなかったのに妊娠してから便秘になってしまう事や、もともと便秘体質の人は便秘になりやすくなります。

実は約7割の人が妊娠中の便秘に悩まされているのです。

では、一体どのように対処したらいいのでしょう。

妊婦の便秘についての説明と、オススメ解消法を紹介していきたいと思います。

妊婦の便秘にできること

妊婦は便秘になりやすい?

妊娠中は多くの妊婦が便秘になってしまいます。その原因として、いくつか考えられるものがあります。

・食生活の変化

妊娠により食生活が変わる事があります。例えばつわりがひどく、食事量が減ったり、水分が不足したりなどです。

・運動不足

お腹が大きくなってくると運動することが難しくなってきますし、赤ちゃんへの影響が心配で身体を動かさないようになります。

・ストレス

妊娠中は身体も疲れやすく、また出来る事も限られてくるためストレスがたまりがちで、便秘の原因になってきます。

・ホルモンバランスの変化

妊娠すると女性ホルモンであるプロゲステロン(黄体ホルモン)が増加します。栄養を蓄えるために代謝が低下したり、水分を保持するため便になる水分が減り硬くなり排泄しにくくなります。

・子宮が大きくなることで起こる便秘

子宮が大きくなるとともに腸を圧迫し、便が進みにくくなります。これを直腸性便秘といいます。 

オススメ解消法①

500x0_55c2be61-78d8-4818-82be-66b70a0103f1.jpg

画像引用:mamari.jp

腸内環境を整える食物を食べる 

・ヨーグルトなどの乳酸菌

色々な種類のヨーグルトがありますが、甘いものや砂糖付きのものは、悪玉菌のえさとなるショ糖が含まれている場合がありますので注意してください。甘くないものや、オリゴ糖含有のものや、フルーツを入れてみるなど工夫してみましょう。

 

・水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく取る

水溶性食物繊維

ワカメ、昆布、バナナ、桃、キウイ、オクラ、長芋、納豆、コンニャク

 

不溶性食物繊維

そば、さつまいも、ゴボウ、大豆、えんどうまめ、しいたけ、しめ

 

便秘解消になる飲むものを飲む

常温の水、乳酸菌飲料 

オススメ解消法②

適度な運動を行う

・ウォーキング

適度な運動は、腸を適度に刺激するため便秘の対策になります。食事対策と併せて行うとよいでしょう。妊娠中は激しい運動ができませんので、ウォーキングはオススメです。

・姿勢の矯正やストレッチ

妊娠中はお腹の重さから、重心が前へいき、支えるために背中を反らしお腹を突き出した姿勢を取りがちになります。

正しい姿勢は、壁に背中をつけたとき、頭や肩や臀部がぴったり壁についている状態です。

 

・便秘に効くツボを押す

人間の身体にはたくさんのツボがあり、押す事で様々な効果があります。痛い気持ちいいくらいの適度な強さで指圧しましょう。

まとめ

約7割の妊婦が便秘に悩まされています。食物繊維や乳酸菌を含んだ食べ物をバランス良くとりましょう。便秘の改善に適度な運動は不可欠ですので、ウォーキングやストレッチをしてください。

色々な解消法にチャレンジしても改善されない方は、産婦人科医に相談してみましょう。妊娠中に服用してもよい便秘薬や漢方を処方してもらえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です