胃腸炎の食事でダメなモノ!注意と対策

 

胃腸炎になった際に食べていいもの、ダメなものがあります。中にはどうしても好きで見たら食べたくなってしまうものもあると思いますが、仕事関係の行事でも外食する場合があるときには避けたほうがいい食べ物もあります。今回はそれについてご紹介します.

胃腸炎の食事まとめ

胃腸炎の食事で食べたい食べ物①

この時期、忘年会などで外食される方も多いと思います。そういうときに出るメニューで

食べ放題だったら、まずお豆腐メニューがあればそれから選びましょう。お豆腐、湯葉、豆乳を使ったものとかが良いですね。

imgres

画像引用:www.history.com

胃腸炎の食事で食べたい食べ物②

卵料理でしたら、油をなるだけ使っていない 茶碗蒸し、出し巻き卵、ゆで卵、温泉卵などが良いですね。油は胃腸に悪いので、避けておきましょう。

胃腸炎の食事で食べたい食べ物③

居酒屋さんなどでしたら、山芋の鉄板焼きとかがあるところが多いので、これを選びましょう。他ではサトイモ、ジャガイモも胃腸には負担がかかりにくい食材なので、それらの中で油をなるだけ使っていない、煮物を選ぶのをおすすめします。肉じゃがとかもありますが、それでしたら肉を我慢して避けて根野菜を中心に選びましょう。

胃腸炎の食事で食べたい食べ物④

おかゆなど以外でしたら、うどんをおススメします。消化に良いですし、かけうどんだけであっさりと食べるだけでも栄養補給になります!

胃腸炎の食事で注意する食べ物①

ダメ

画像引用:aoaf.hatenablog.com

スナック菓子。これの油分がいけません。日頃から食べるのが好きで、コーラなどの炭酸飲料との組み合わせが大好きな方は、注意して食べないことをお勧めします。

胃腸炎の食事で注意する食べ物②

蕎麦。うどんがいいのだから、蕎麦もいいだろうと思われるかもしれませんが、蕎麦は食物繊維が多い食材のために、胃腸に負担をかけやすいのです。どうしても食べたい場合は、胃腸の具合がよくなって食べられるか、量を少なくしてお召し上がり下さい。

胃腸炎の食事で注意する食べ物③

他だと豆類やニンニクなどでしょう。豆も食物繊維が豊富ですし、消化に悪い食材です

何度も噛んで食べるということも良いですが、消化に悪いためにおすすめできません。

またニンニクは滋養強壮を想像させられますので食べたほうがいいのではないかと思われがちですが、しまうからです。どうしても食べたい場合は、蕎麦と同様に胃腸が回復されてから召し上がられて下さい。

まとめ

このように食べていいもの、おすすめしないものが食べ物にもありますので、胃腸炎を早く治すためにも心がけて食べ物を摂取していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です