学生の初デートは割り勘でもOK!じつは女の子はお金に優しい

こんにちは!管理人のヒロ彦です。
この記事では、初デートでうまく割り勘にする方法をご紹介します。
学生のころってお金がなくて、デート代を捻出するのって大変ですよね。
でも初デートくらいは奢ったほうがいいのでしょうか?
その悩みをこの記事では、解決していきます。
この割り勘への道筋を知っておくと、お財布がグッと楽になるでしょう。

学生なら初デートで割り勘も全然あり!うまく割り勘までもっていく道筋を紹介

同じ学生なら初デートで割り勘もあり

女性を落としたいなら、初デートは男性が奢るのが常識となっていますが、それは立場によります。
一回り年下の女の子とご飯に行くなら、すべて支払のが、大人の男として当然の行動だと思います。
でも学生同士であれば、お互いのお財布事情は想像がつくわけで、女の子も割り勘をあっさり許してくれるもの。

お互いに学生なので、逆に気を使ってくれて、女の子から割り勘にしてくたり、
「ここはあたしだしとくねー」と支払ってくれたりするものです。

これ僕のはじめての彼女です。いい子でした〜これだけで惚れちゃう笑
失礼。

でも、こういう心のキレイな女の子は大事にしましょう。

奢りが難しいことを女の子に気軽に伝えておこう

そうは言っても、お金のことですから、気にしていては初デートが楽しめれません。
目の前の女の子ではなくて、財布のことで頭がいっぱいだったら、きっと初デートはうまくいかないでしょう。

うまく割り勘にポイントは先に、「ごめん!割り勘でもいい?」と伝えておくことです。
ごめん!と申し訳なさそうに伝えると、女の子も了承してくれやすいです。

ヒトによっては情けないように感じるでしょう、
そんなときは割り勘にするのが当然といったマインドセットで
次のようにいいましょう。

パターン①

「今日は割り勘?」
今日は期間をつけることで、割り勘をお願いします。
時間は多めにだしたり、奢ったりしないといけませんが、次へつながります。

パターン②

「持ち合わせが少なくて、割り勘でもいい?」
今はお金がないことを理由にできます。ただし、次回奢るか、お金意外の魅力がないといけません。

パターン③

「今月ピンチなんだ、次は奢るから割り勘でもいい?」
こちらもバイト代がでたら奢ってあげたりする必要がありますが、使いやすい言い回しです。

重要なのは、当然のように笑いを交えながら、伝えることです。
明るい雰囲気で話すことで、空気が重くなりません。
トム・クルーズのような爽やか笑顔で伝えましょう。

自分がいいやすいパターンを探しておくと便利なので、頭のなかに用意しておきましょう。

少し多めに出しておくと男として、気持ちが楽になる

それでも割り勘が言いにくい方も多いでしょう。僕もその1人です。
そういう方はバイトを頑張って、少し多めにだすようにするといいでしょう。

初デートのときの支払いは、今後のお金の行方をきめる重要なポイントです。
ここでしくじると、奢るのが当然の雰囲気になってしまい、男性としてはツライものがあります。

初デートだから奢るけど、2軒目は支払って欲しい。

そういうときは、「ここは俺がだしとくよ」と支払いのときに女の子に伝えましょう。
これは魔法の言葉で、男としてメンツもたつし、

次回は女の子もださないといけないような雰囲気を作ることできます。
僕は初デートのときは、いつも使ってますけど、2回目以降がグッと楽になりますよ

もし初デートで割り勘しないならランチデートがオススメ

もし、割り勘を言い出せなくて初デートを奢ることになりそうなら
ランチデートを選びましょう。
こちらの記事に詳しく書いていますが、ランチはディナーに比べて格段に安くて
コスパがとてもいいです。1人1万円するお店でもランチなら2000円。
とってもお得でしょ。利用しない手はありません。

まとめ

初デートは男性が奢ることが多いですが、学生同士なら割り勘も全然あり。
割り勘にするときは先に、「ごめん!ここ割り勘でもいい?」とハッキリ伝えておくと
女の子も了承してくれるでしょう。
奢るのであれば「ここは俺がだしとくね」と伝えておくと、2回目以降のデートが
お金の心配をしなくていいので、ぐっと楽になります。
コスパがいいのがランチデートなので、お財布が心配な方はぜひ利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です