彼女とのハグの仕方と5つのコツ!当たる場合の対処法は?

彼女とハグをするときって、どうやってすればいいか分からないから、男なら誰だって最初は困りますよね。

手の位置はどこに置いても落ち着かないし、彼女の胸が当たるのも気になります。

でも、彼女とのハグってそんなに難しいものじゃないんですよ。

これからの解説を読めば、どんな風にハグをすればいいか、具体的に説明するので簡単にイメージすることができます。

そこでこの記事では、彼女とハグをするときに困りやすい5つのポイントを詳しく解説させていただきます!

ハグの時間は1分くらいギューとすると効果が高い

せっかくハグをするなら、1分間は彼女とくっついて温もりを楽しみましょう。

ハグをしばらくしていると、多幸感を感じて心が軽くなってきますよね。

これはセロトニンやオキシトシンと呼ばれる、愛情ホルモンの作用なんです。

温もりを感じて、身体に余韻が残るくらいハグをしていると次第に分泌されるので、1分間を目安にギューとしてあげてください。

もちろん気温によっては夏だったらあまりくっついたら汗ばんで嫌がられますから、涼しい時期や寒い時期に寒さを理由にして、長めにハグするのがオススメです。

手の位置は彼女の背中か腰に置いておこう

前からハグしたときの手の位置は、意外と置き場所に困ってしまうものです。

背中に置いて近づけると彼女の胸が当たってリアクションにこまるし、

家と言ってダランと下げて置いていては、彼女だけ抱きしめているのも変な感じでしょう。

どちらの手が上でもいいので、自然と背中と腰に手を回しておきましょう。

緊張がとけて余裕があれば、彼女の頭をなでたりして、雰囲気を楽しむのもありです。

彼女の胸が当たっても気にしない

ハグを正面からすると、どうしても彼女の胸が当たってしまうものです。

男としてはドキドキしてしまって、密着するのを戸惑ってしまいますが、じつは女の子は対して気にしていません。

意識して変な動きをしてしまう方が、お互いに緊張を生んで、胸を意識してしまうことになります。

あくまで身体が触れているのが当たり前のように振る舞いましょう。

男の生理現象はバックハグが使える

大好きな彼女とハグをしていると、今日はその気がなくても、男の生理現象が起きてしまい当たってしまうこともあります。

これって最初はめっちゃ恥ずかしくて腰が引けてしまうものですが、その姿の情けないことw

でもこれって彼女が魅力的だから起きてしまう生理現象です。

彼女もそれなりに知識があるでしょうから、当たって戸惑うことがあっても、怒ることはありません。

どうしても気になるようでしたら、ハグを後ろからしてあげたり、されたりするといいでしょう。

バックハグは征服欲みたいなものも満たされて、じつは僕は好きだったりしますw

背が高くて身長差があるときの対処法

彼女と身長差があって、胸のところに顔がきてハグしてもなんだか、ぎこちないカップルもいます。

こんなときは彼女の顔を横に向けて、心臓の音を聞かせるようにしてあげましょう。

あと座って膝のうえに彼女をのせてからハグすると、身長差が解消されてハグがしやすくなります。

密着感が増すので恥ずかしいかもしれませんが、慣れてしまえばイチャイチャするのにとても向いていますよ。

まとめ

彼女とハグをするときは、1分間はくっついてセロトニンなど脳内物質がでてきて多幸感が得られるようにしておきましょう。

ハグをするときの手は背中と腰にそっと回して、密着しておきましょう。

彼女の胸などが当たってしまいますが、気にしている方が変な雰囲気になるので気にしなくていいです。

どうしても気になるようならバックハグを利用して、正面から抱き合わなけてば解決します。

身長差があるときは、座ってハグもできるので視点を切り替えて、楽しんでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です